時計
新しい勤怠管理システム

POINT

指をかざす等の操作が不要なため、特別なユーザ操作を強いることなく、利便性に優れた認証が可能です。また、自身の顔を認証キーとするため偽造ができず、不正なカードの貸借や忘失も防止できます。照合時には顔画像をログとして残すことで、管理者が目視確認することも可能であり、記録されているということから不正に対する高い心理的抑止効果が期待できます。

ipad

point
1

人感センサー&顔認証なのでハンズフリーで誰でも簡単に利用が可能!

本人の生態的な特徴によってID の認証を行うためIC カードなど物理的なID 情報を携帯する必要がなく、運用面・管理面で負担が軽減されます。

作業現場やタブレットにタッチできない場合も問題なし。

堅牢なPC・Web カメラ・人感センサーを使えばハンズフリーで利用することが可能です。

point
2

AI 学習(ディープラーニング)により、認証精度を向上!

繰り返し利用することで、AI が顔の特徴を様々な角度から学習。
これにより、従来の顔認証技術より認証精度が格段に向上しました。

顔認証
受付

point
3

クラウドだからどこでも利用可能!特別な工事は必要なし!

インターネットにつながる環境さえあればパソコンやタブレットを問わず様々な場所や端末からアクセスが可能。ハードウエアと違い、特別な工事は必要ありません。

導入によるメリット

Merit 1

面倒な集計作業が不要

システムにある管理データをCSV 形式で給与管理システムをインポートすることが可能。これにより、従来のタイムカード管理に比べて大幅にコストを削減できます。

Merit 2

リアルタイム・モニタ

リアルタイム・モニタを利用することで、どこに誰が何人出社しているのかモニタリングすることが可能。支店や店舗など離れている場所の勤務状況を管理することができます。

Merit 3

偽造や忘失も防止

IC カードやテンキーによる認証方式と比べ、顔認証は自身の顔を認証キーとするため、偽造や成りすましやができず、また不正なカードの貸借や忘失も防止できます。

Merit 4

導入が簡単

社員マスタをCSV で取り込み、PC、スマホで顔登録をするだけ。面倒な作業や工事は一切必要ありません。後はカメラの前に立てばすぐに出退勤管理が始められます。

運用のイメージ

顔登録

顔を登録

従業員がスマホ・タブレットで顔の登録が可能

流れ

出退勤を記録

出勤・退勤した社員が表示。その際、出退勤ログも記録

流れ

リアルタイムモニターで出退勤状況を把握

支店・店舗ごとに、出勤人数がリアルタイムで表示

出退勤を記録
リアルタイムモニター

データの登録方法

STEP 1

社員マスタをCSVデータで抽出し、Taskal Time-Card にデータを取り込む

流れ

STEP 2

カメラ付きPC 又はスマートフォンから、顔登録を行う。(専用アプリは必要なし)

よくあるご質問

 Q. 自社のシステム変更は必要ですか?

A. 社員マスタの取り込みと、出退勤記録の出力はCSV ファイルで行いますので、そのインターフェイス機能が必要です。

 Q. 設備は何が必要ですか?

A. Windows タブレットとWi-Fi 環境が必要です(Wi-Fi 環境がない場合は、SIM データ通信でも可能です) 
画面操作がないバージョンには、人感センサーが必要です(価格:約1万円/ 台)

 Q. 試しに利用することはできますか?

A. パソコンでも利用できますので、カメラと人感センサーを購入していただければシステムは3か月無料でご利用いただけます(パソコンと数千円のWeb カメラと人感センサー約1万円が必要)

 Q. 社員の顔登録は、どのように行いますか?

A. ブラウザから登録できるので、登録するURL をメールにて配布するか、QR コードを掲示していただき、PC またはスマホから顔登録できます。

 Q. 社員が立ち止まらずに、顔認証し出退勤記録を取得できますか?

A. 現在、動画カメラから記録をとるシステムを開発中です。

Taskal Time-Card
パンフレット(2.2MB)

Taskal Time-Cardパンフレット

 

ご利用価格

 

利用人数 月額価格
1人~50人 5,000円
51人~100人 10,000円

※ 101人以降は、100 名追加ごとに10,000円追加となります。


3,000 名の場合は、300,000 円
2,930 名の場合も、300,000 円となります。
※ハードウェア、ネットワーク料金は、お客様にてご用意いただきます。